初心者向け

FX初心者でも簡単にできるジグザグを使ったトレード手法まとめ

こんにちは!キムラユウタ(@yutakimura7)です。

今回はジグザグというインディゲーターについて記事にまとめていきます。

これは初心者のトレーダーにはうってつけのインディゲーターになります。

これを読めば、ジグザグのことが誰でも簡単にわかることができますし、日々のトレードに応用することが可能です。

XMの口座開設をしてボーナスを受け取る

ライン@の登録はこちらから!

全自動で稼ぎたい方はこちらをクリック

そもそもジグザグとは?

・大きなトレンドを判断できる

・トレンドの転換点も見極めることができる

ジグザグは大まかなトレンドを判断できるインディゲーターになります。

チャートを見慣れていない初心者の方は、ジグザグをMT4に表示させることで大きなトレンドの流れをつかむことが可能になります。

さらに、トレンドの転換点も見極められる優れものです。

しかし、トレンド転換を見極めるためにジグザグに変化がない場合もあります。

細かいトレンドを捉えないことも特徴の一つですので、より多くのpipsを狙うことができます。

注意点、インディゲーターは後追いになります。

出来上がったローソク足のデータから分析されて表示されます。

ジグザグの設定方法

・数値はデフォルトのまま

MT4を開き、ツールバーの中のナビゲーターを選択してください。

<img src=”https://yuta-kimura.com/wp-content/uploads/2018/12/S__15949920.jpg” alt=”ジグザグの設定方法”/>

インディゲーターの欄の一番下に表示されているジグザグをダブルクリックかドラック&ドロップしてチャート画面に移動させてください。

パラメーターに関しては、数値は全て初期設定のままで設定して構いません。

パラメーターの値は変更せずにマルチタイムフレーム分析でトレードしていくことをオススメします。

たとえば、4時間足から15分足にチャートを落としていけばいいですね。

初心者でも簡単なジグザグを使ったトレード手法

美女
美女
私でもできるかな?
ユウタ
ユウタ
初心者でも簡単にできるからオススメだよ

1.確定している高値と安値に水平線を引く

4時間足でチャートを見る

まず、4時間足でチャートを分析します。

このときに、確定している高値と安値に水平線を引きます。

<img src=”https://yuta-kimura.com/wp-content/uploads/2018/12/S__15949922.jpg” alt=”ジグザグの高値と安値にラインを引く”/>

画像のようなチャートでは、高値と安値の4本の水平線を引くことができますね。

2.切り上げと切り下げにもラインを引く

ジグザグの切り上げ、切り下げに注目する

<img src=”https://yuta-kimura.com/wp-content/uploads/2018/12/S__15949923.jpg” alt=”ジグザグの切り上がりと切り下がり”/>

画像のように、ジグザグの高値の切り下がりと安値の切り上がりにラインを引いていきます。

三角の形に形成していますね。

3.チャートを30分足に落として水平線を引く

高値と安値に水平線を引く

4時間足から30分足に落として、マルチタイムフレーム分析を使います。

30分足でも先ほどと同様にジグザグの高値と安値に水平線を引いていきます。

あまりラインを引きすぎるとチャート画面が見づらくなってしまうので4本くらいに抑えるのが無難です。

これでトレードをする準備が整いました。

XMの口座開設をしてボーナスを受け取る

ライン@の登録はこちらから

全自動で稼ぎたい方はこちらをクリック

4.水平線に注目してエントリーをする

水平線は利確ポイントとしても使う

トレードする時間足は30分足になります。

先ほど水平線を引いた30分足と4時間足のラインに注目していきます。

<img src=”https://yuta-kimura.com/wp-content/uploads/2018/12/S__15949924.jpg” alt=”ジグザグのエントリーポイント”/>

中央の赤いラインを上に抜けてくるようであれば、利確は上の高値のラインまでに設定して買い(ロング)でエントリーをします。

逆に、中央の赤いラインを下に抜けてくるようであれば、利確は下の安値のラインまでに設定して売り(ショート)でエントリーします。

さらに、30分足で引いた青いラインも補助的に利用しながらトレードをしていきます。

たとえば、中央の赤いラインを抜けてきても反落して青いラインまで落ちてきたとします。

しかし、青いラインがサポートラインになって、そこから上昇をすることが考えられるので買い(ロング)エントリーをします。

ここでの利確ポイントとしては、一番上の高値になります。

そこまで待つのが怖いという方は、4時間足で引いた切り下げラインに利確ポイントを設定してみてもいいです。

さらに上昇が強いのであれば、lotを少し減らして買い増しをしていくこともできます。

5.時間経過とともにラインを変更していく

ジグザグが更新されたらラインで追っていく

ジグザグは毎回更新されるわけではなく、トレンドを見極めて高値や安値を結んでくれます。

ジグザグがトレード中に更新されたときは、それをラインで追っていきましょう。

さらに、他のエントリーポイントとしては4時間足と30分足でラインを引いていく中で、2本のラインが重なり合うケースもあります。

これは非常に強力なエントリーポイントになりますので、勝率を上げたいトレーダーはここだけに絞ってトレードをしてみることもおすすめです。

まとめ

初心者でも簡単にできるジグザグを使ったトレード手法としては、

1.確定している高値と安値に水平線を引く

2.切り下げ、切り上げにもラインを引く

3.マルチタイムフレームの要領で30分足でもラインを引く

4.準備を終えたら水平線を抜けたらエントリーをしていく

トレンドフォローがメインの手法になりますので、流れに乗ると大きなpipsを期待できますね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

今だけ期間限定で無料プレゼント中!

「今だけ期間限定で無料プレゼント中!」

今ならライン@に登録してくれた方限定で、「一生投資で稼いでいくための限定情報」「初月から10万円稼げる無料仕入れ転売ノウハウ」を無料でプレゼントします!登録してメッセージください!

また「最強のリスクゼロ、利益率80〜90%のAmazon無料仕入れメルカリ転売ノウハウ」「FXオンラインスクール」に興味がある方、スクールに入りたい方もライン@の登録をして連絡お願い致します

LINE@の登録をして無料プレゼントを受け取る