FXのお悩み

なぜFXで勝てないのかまとめ

こんにちは!キムラユウタ(@yutakimura7)です。

FXを始めてみたはいいものの勝てないトレーダーがほとんどですよね。

うまくいかなくて悩んでも答えが見つからない状況の方もいるはずです。

この記事では、なぜ勝てないのかという原因について体験談からまとめています。

これを読めば、勝てなくて悩んでいるトレーダーも原因がわかるので、トレードで結果を出していけます。

XMの口座開設をしてボーナスを受け取る

ライン@の登録はこちらから!


XMの口座開設の詳しい記事はこちらから!



FXは一生もののスキル

美女
美女
 FXって一度身に着けるとずっと稼いでいけるんだね
ユウタ
ユウタ
資本主義の最強スキルだよ

結果が出なくても継続すること

・稼げるスキルはすぐには身につかない

・身についたらどんな学歴、社歴や資格にも勝る最強のスキル

お医者さんになるために、1〜2年勉強したからってなれるわけでもないですよね。

今までの勉強の積み重ねと、さらに大学での勉強を経て資格を得ることができます。

これは多くの人が理解しているはずなのに、FXではすぐに結果を求めたがる人が多いんです。

お医者さんの資格を得るためにたくさんの時間が必要であるのと同じで、FXで勝てるようになるためにも時間が必要であることを理解してください。

それは、もちろん個人差があるので早くて半年で稼げるようになる人もいれば、5年で稼げるようになる人もいます。

しかし、FXスキルを身につけてしまえばどんな学歴や社歴、資格よりもこの先の人生で稼いでいける資本主義の最強スキルになります。

レベルMAXの武器を手に入れたようなものです。

そんなスキルを身につける機会を自ら諦めるのももったいないですし、時間がかかって当たり前なんです。

多くのトレーダーはなぜ勝てないのか?

美女
美女
なんで勝てないんだろう?
ユウタ
ユウタ
原因は3つあるよ

1.インディゲーターに頼りすぎている

・インディゲーターの使いどころが間違っている

・相場の状況を理解できていない

勝てない原因の一つとして、インディゲーターに頼りすぎているということが挙げられます。

インディゲーターとは、移動平均線やMACDなどのテクニカル手法で使われるシグナルのことです。

FXにはたくさんのインディゲーターがあります。

それぞれのインディゲーターは、優秀なトレーダーや分析家が知恵を絞って編み出したものですから、非常に優位性があることは間違いありません。

しかし、それならばインディゲーターをたくさん組み合わせればいいじゃないかという考えにたどり着く人がいますが、その思考が勝てなくしています。

それぞれのインディゲーターは使いどころを間違えると、全く機能しないものになるからです。

どんな相場状況にも当てはまる最強のテクニカル分析なんてありません。

大切なのは、自分のテクニカル分析の手法を使う場面を厳選することです。

厳選するからトレード回数が減るし、暇が増えます。

だから勝っているトレーダーは暇であるという言葉をよく聞くんです。

相場の状況を理解せずに、インディゲーターに頼りすぎると、間違いなく負けます。

負けている原因は、

・相場状況を分析せずにインディゲーターを使っていること

・インディゲーターの使いどころを間違えていること

の2つであるのにそれすらも分かっていないトレーダーが多いです。

そのようなトレーダーは、インディゲーターが悪いんだと勘違いをして、また違う手法を探します。

家で例えると、骨組みができてないのに、窓や壁などの外見を整えようとしてもうまくいきません。

XMの口座開設をしてボーナスを受け取る


XMの口座開設の詳しい記事はこちらから!



2.ローソク足を見ていない

・ローソク足には相場の心理が現れている

・長い陽線や陰線に注目していない

勝てないトレーダーほど細かい部分に注目していません。

ローソク足まで細かく見ていないトレーダーが多いです。

ローソク足には、それぞれの相場師の心理が現れています。

もっと言うと、ローソク足だけで相場の心理が読み取れるということです。

たとえば、日足で長い陽線がついていたら上昇トレンドが始まる傾向が高いです。

長期的にみてスイングトレードをする人は、ロングのエントリーをするサインにもなります。

長い陰線がついている場合は、その逆です。

さらに、下ヒゲ、上ヒゲが出ているときは、相場が転換する可能性が高いです。

このように、ローソク足にはそれぞれの特徴がありますし、エントリーをする根拠にもなります。

ローソク足に注目していないことが、トレード精度を下げている原因でもあります。

3.エントリーポイントが甘い

・エントリーがワンテンポズレている

・根拠のないエントリーをしている

FXは買い(ロング)か売り(ショート)しかないと考えられがちですが、もう一つ重要な行動パターンがあります。

それがステイ(待つ)です。

ステイというボタンはありませんが、要はトレードを見送るということです。

自分のエントリーチャンスに来てないからステイする、もっとプライスを食いつかせてからエントリーするために今はステイするなどという行動をしなければいけません。

勝てない原因として、ステイすることができなくてエントリーにズレが生じているということが挙げられます。

もう少しステイしていたら損切りにかからずに利益確定できたりすることがよくあります。

ステイすることでエントリー精度は大きく上がりますし、勝率も上がります。

それは無駄なエントリーがなくなるからです。

さらに根拠のないエントリーをしていると稼げないし、成長もありません。

根拠のないエントリーでいくら続けていても何一つとして経験値にはなりません。

根拠がないということは、負けたときに分析ができないのでギャンブルと一緒なんです。

根拠がない=運任せです。

負けているトレーダーは、エントリーに根拠がないんですね。

負けを無駄にしてはいけません。

負けたまま終わらせることなく、なぜ負けたのかを分析して次に生かすことのできるトレーダーが相場で生き残っていけます。

まとめ

FXは一生もののスキルになります。

一度身につけると、それだけで稼いでいくことのできる資本主義で最強のスキルです。

そんなスキルをすぐに身につけられるとは思わない方がいいですし、すぐに身につかないからといって諦めるのはもったいないです。

勝てない原因としては、

・インディゲーターに頼りすぎている

・ローソク足を見ていない

・エントリーが甘い

の3つです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

今だけ期間限定で無料プレゼント中!

「今だけ期間限定で無料プレゼント中!」

今ならライン@に登録してくれた方限定で、「一生投資で稼いでいくための限定情報」「初月から10万円稼げる無料仕入れ転売ノウハウ」を無料でプレゼントします!登録してメッセージください!

また「最強のリスクゼロ、利益率80〜90%のAmazon無料仕入れメルカリ転売ノウハウ」「FXオンラインスクール」に興味がある方、スクールに入りたい方もライン@の登録をして連絡お願い致します

LINE@の登録をして無料プレゼントを受け取る