体験談

FXで稼げるようになるまでの体験談 稼げたきっかけまとめ

こんにちは!キムラユウタ(@yutakimura7)です。

FXを始めたのはいいけど全然稼げていないというトレーダーの方は多いですよね。

この記事では、わたしの体験談を元に稼げるようになるまではどのくらいの期間を有するのか、稼げるようになったきっかけをまとめていきます。

これを読んで、自分のトレード人生に希望を持ってくださると嬉しいです。

XMの口座開設をしてボーナスを受け取る

ライン@の登録はこちらから!


XMの口座開設の詳しい記事はこちらから!



FXで稼げるようになるまでの体験談

美女
美女
体験談聞きたーい
ユウタ
ユウタ
今から紹介していくね

初めの2週間はビギナーズラックがあった

大学1年生の10月初旬からFXを始めて、1万円からスタートをしました。

1万円から2週間で14連勝を達成して、資金が2万4000円まで増えていました。

トレード手法としては、損切りをかけずにプラス5pipsのプライスにテイクプロフィットを置いていました。

つまり、プラスになるまでいくら含み損が出ても放置していました。

1回の負けをきっかけに強制ロスカットされる

15連勝に差し掛かってきたところで、ドル円のロングを最高値でエントリーしてしまいました。

その結果、たった5pipsも取れずに40pipsの含み損で強制ロスカットをされました。

今思うと、たった40pipsの損失で強制ロスカットされるということは、lotを上げすぎている資金管理が全くされていないトレード手法でした。

海外口座のXMは0.01〜50lotまであり、レバレッジは888倍です。

その後、10ヶ月間負け続け、マイナス120万円になる

毎月給料を入金しては、1週間も経たずに失っての繰り返しでした。

そして、月間で一度もプラスを出すことができずに10ヶ月間負け続けました。

その結果、総額で120万円失っていたんです。

稼げるようになったきっかけ

美女
美女
どうやって稼げるようになったの?
ユウタ
ユウタ
きっかけが3つあったんだ

1.チャートを見る回数を減らす

・チャートをたくさん見てしまうと、欲が出てしまう

・欲が出るとトレード精度が下がる

11ヶ月目から毎月約50pips以上の利益を出し続けていますがそのきっかけとなったのは、チャートを見る回数を減らしたことです。

なぜチャートを見る回数を減らすと、稼げるようになったかというと

・ポジポジ病にならない

・より的確な場面で精度の高いエントリーをすることができる

・エントリー後もチキン利確をすることがなるなる

チャートをたくさん見てしまうと、どこもエントリーポイントに見えてしまったり、pipsを取りたいという欲が出てきて無駄なエントリーが増えがちです。

そして、無駄なエントリーをして負けると悔しくなりまた無駄なエントリーをするという悪循環に陥ってしまいます。

最悪の場合には、常にポジションを保有していないと不安になるポジポジ病になってしまいます。

チャートを見る回数を減らすことでポジポジ病にかかるリスクを回避できます。

チャートを見る回数は朝、昼、夜の3回で十分です。

ここでのポイントは、日足で全体的なトレンドを把握することを意識することです。

そして、トレンドフォローや逆張りなど自分の売買ルールに基づきエントリーできそうな通貨ペアを探してエントリーをします。

エントリー後も、チャートを見る回数は3回のままで十分です。

こまめにチェックしてもいいことはひとつもありません。

含み損が出ている状態ならまだいいですが、含み益が出ている状態であれば、チキン利確をしてしまいがちだからです。

チキン利確とは利益が少ししか出ていないのに焦って利益を確定させてしまうことです。

3回しか見ないことで、ちょうどいいプライスで利確することができるようになるんです。

結局、どこで利確してもその後にもっと上がる可能性もありますし、そんなことを考え出したらキリがありません。

結果論にとらわれずに、利確をするときはきっちりすることが大切です。

XMの口座開設をしてボーナスを受け取る


XMの口座開設の詳しい記事はこちらから!



2.スイングトレードで取り組む

・スイングトレードで精神的に楽になった

・スイングトレードはトレード精度が上がる

稼げるようになったきっかけとして、スイングトレードにスタイルを変えたことも挙げられます。

見る回数を減らすこととスイングトレードは非常に相性がいいです。

スイングトレードはスキャルピングやデイなどと違い、数日〜数週間以上ポジションを保有します。

常にチャートを気にしなくていいので、相場に時間を奪われることもありません。

経済的にもそうですが、時間的にも自由になるためにやっているのがFXです。

それなのに、ずっとチャートを見て時間を浪費してしまうというトレーダーが多くいます。

これは非常にもったいないことですし、いくらチャートを見たところで勝てるわけではありません。

スイングトレードで長期的に考えてエントリーをすることは精神的に非常に楽になります。

チャートを見続けたり、毎日何度も相場状況を確認して利確や損切りについて試行錯誤することで神経がすり減ってしまいます。

エントリー後の利確についても、朝、昼、晩の3回チェックする中で決めてしまうのがベストです。

スイングトレードなので、1時間や2時間ごとにチェックする必要はありません。

3回の中で、納得のいくプライスで利確してしまいましょう。

ある程度の利確ラインは決めてテイクプロフィットを設定しておくこともオススメです。

長期目線のトレードの方が、損切り幅も広めに取れるのでトレード精度が上がります。

損切り幅が狭ければ狭いほど正確なエントリーが求められ、難易度は高くなります。

それに対し、損切り幅を広めに取り、長期的に考えて上がるのか下がるのかを判断する方が簡単です。

3.水平線だけでトレードをする

・たくさんのインディゲーターを入れない

・水平線一本で十分に勝つことができる

稼げるようになったきっかけとして、水平線だけでエントリーをするようになったことが挙げられます。

当時の私もそうでしたが、チャート上に移動平均線やMACD、RSIなどたくさんのインディゲーターを入れていてごちゃごちゃしていました。

しかし、それで勝ちきることはできませんでした。

つまり、インディゲーターをたくさん入れればいいというわけではなく、むしろ削って削ってシンプルにしていくことが求められているんです。

反発しているラインや、日足での最高値や最安値に水平線を引き、逆張りをするイメージを持ってトレードをしてみてください。

この際にさらに注意するべきポイントは、ローソク足のヒゲと陽線と陰線に組み合わせて考えることが大切です。

ただ闇雲に線を引いてエントリーをするのではなく、相場の心理を読み取ろうとすることでエントリー精度は高まってきます。

複雑に考えずに、シンプルな手法を使っていきましょう。

まとめ

体験談に基づく稼げるようになる期間は11ヶ月でした。

個人差はありますが、少なくとも1年はかかりますし、もっとかかっても不思議ではありません。

一度スキルを身につけると、一生稼いでいくことができるので根気強く続けていきましょう。

稼げるようになったきっかけとしては、

・チャートを見る回数を減らす

・スイングトレードを採用する

・水平線だけに絞る

の3つです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

今だけ期間限定で無料プレゼント中!

「今だけ期間限定で無料プレゼント中!」

今ならライン@に登録してくれた方限定で、「一生投資で稼いでいくための限定情報」「初月から10万円稼げる無料仕入れ転売ノウハウ」を無料でプレゼントします!登録してメッセージください!

また「最強のリスクゼロ、利益率80〜90%のAmazon無料仕入れメルカリ転売ノウハウ」「FXオンラインスクール」に興味がある方、スクールに入りたい方もライン@の登録をして連絡お願い致します

LINE@の登録をして無料プレゼントを受け取る